Cinema4D R21発表 及び サブスクリプション化

MAXON Computer Cinema4D (以下 C4D) が、R21の発表と共に、とうとうサブスクリプション化しましたね。

www.maxon.net

 

昨今の流れからすると当然の対応なのでしょう。

 

趣味9割、仕事1割で C4D Stduio を使っている身としては、コストメリットが高い変更となったと思います。(別グレードを使ってる方からすると、コストアップなのでしょうか)

 

MAXONサービス契約 (MSA) が 8月末で切れるので、更新をしなきゃと思っていたところの発表でした。

 

そこで、MSA更新をどうしたもんかと思っていたところ MAXON Computer の正規代理店の株式会社ティー・エム・エスからのメールが。

 

―  以下、株式会社 ティー・エム・エス 様からのメール抜粋

 

MAXONサービス契約をご継続された場合と、サブスクリプションをご購入された場合の相違点は以下となります。

 

MAXONサービス契約をご継続された場合

  • Cinema 4D R21永続ライセンスが9月に提供されます。
  • 新バージョンリリースの無償提供が今回で終了となりますが、以後はサブスクリプションへの優待価格(2年)でのご購入が可能となります。また、永続ライセンスへのアップグレードも可能です。
  • Cineversityの無償提供がされなくなります。

 

Cinema 4D R21サブスクリプションの場合

  • サブスクリプション期間中、常に最新のバージョンを使用する事ができます。
  • Cineversityの無償提供など、様々な特典が供与されます。
  • 期間が終了すると、Cinema 4Dが使用できなくなります。

―  以上、株式会社 ティー・エム・エス 様からのメール抜粋

 

ご継続された方へのCinema 4D R21の提供はリリース以降となり、更に契約期間中にサブスクリプションへの移行を、優待価格でご購入頂く事ができます。こちらの価格につきましては、8月下旬に決定いたします。

 

ともありました。MSA更新をやめて、サブスクリプションへ早々へ移行と思ってましたが、もう少し情報まってもよいかもしれませんね。

 

さいごに

 このツイート見た時に、A社に吸収されるのか... と思っちゃってゴメンナサイ