Re:iN works

覚書き

Arbor 2でもやってみた

はじめに

過去記事でPlaymakerでやったことを Arbor 2 でもやってみることにした。

ビジュアルスクリプティングはPlaymakerが初ではなく、Arbor 2のほうが先に購入しております。 (実は未だにメインは Arbor 2だったりします)

Arbor 2 とは

 日本人製作者の  

caitsithware(Unity使い (@caitsithware) | Twitter 様が作成されたUnityでビジュアルスクリプティングを実現するためのアセットです

 

arbor.caitsithware.com

 

日本語での解説があり、試用も可能と初心者にはうってつけだったので飛びついてみて大正解でした。 (分かりやすくて、その日に購入していたりします。)

 (あ・・・誤字)

さっそくやってみる

Trigger Eventでつまづいたところ - Re:IN works

f:id:riesenrein:20170518223659g:plain

余裕でした。

 

アタッチされたスクリプト内の関数実行 - Re:IN works

f:id:riesenrein:20170519001320g:plain

Send  Message 後に 次のステートに行く方法が良くわからないので Time Transition 0 といういつものやり方... 正しいのでしょうか?

 

f:id:riesenrein:20170519003146g:plain

常駐ステートでやれば戻る必要はないけど、ステートの状況が分からなくなるのは辛い手段を模索しないといけないですね

 

PlaymakerでiTweenのパスに沿った移動を使いたい - Re:IN works

 iTweenが統合されていないので、デフォルトではできない... ただカスタマイズが容易なのでステートを作成すれば簡単に実現できそうです。

(いずれやってみます)

 

さいごに

Arbor 2はカスタマイズ性を売りにしていますが、それ以上に日本語解説が公式でやっていただいているのは助かります。

また、Arbor 2 が Unite 2017 Tokyo の基調講演で実例として使用されており今後も期待がもてます。 (階層化のお話は大変勉強になりました)

www.slideshare.net

 

 またフォーラムで上記の対応の質問を受けすぐにサンプルを出されるのがスゴい

 これからも使い続けるアセットになりそうです。